FC2ブログ

留学生と世界大学ランキング その2

海外からの優秀な留学生が、日本の大学や大学院で勉強している姿が最近の報道番組で
よく取り上げられ、大挙して日本に留学生が押し寄せている印象を受けますが、
ニュアンスを伝えていませんね。

留学生の主流は中国人留学生ですが、優秀な留学生がこぞって日本の大学に留学しに
きているわけではありません。

実際は、日本の大学は中国の学生にも人気がありません。
とくに優秀な学生であればハーバードやケンブリッジ、オックスフォードと今でも
世界ランキングのトップクラスに留学します。
そして、中国政府も優秀な学生は、国内にとどめようとします。
東大はさほど人気がありません。
知名度からすると世界ランキング180位の早稲田大学のほうが知られています。

そして、留学生たちが積極的に日本の大学を目指しているわけではなく、
日本の大学が、中国に出向いて積極的に留学生の募集活動を行っているという
実態があります。
この募集活動には、2つの異なる質の目的があります。

日本の国立大学や有名私立大の留学生募集活動にみる、
優秀な学生を集めなければ十分な研究成果をあげられないという危機感(大学院)。
もうひとつは、定員割れ或いはその恐れを抱く大学の危機感。

前者は、相対的に日本の学生の学力が落ちているという問題が垣間見えます。
後者は、しばしば学生の質という面で社会の問題になることがありますね。
仕事をすることが第一目的の学生が含まれているからです。
もっとも、最近では日本には仕事がないということも知れ渡っているようですが。

いずれにしても、日本の大学は中国における学生の募集活動をさらに強化していくことは
間違いありません。
その国の教育レベルと経済的レベルから判断すると、アジアでは、否、世界的にも
中国は留学生の卵の宝庫なのです。

現在、募集活動を行っていない大学においても、海外における学生の募集活動は
大学経営の戦略的課題です。
その矛先は中国に向けられています。

なお、中国教育部の大学評価によると東大は Sランクです。(東大の名誉のために付記)
                               
   続きは次回      itijinnokaze
heder7.jpeg
おすすめサイト
高校通信教育の上手な高校卒業法主要国の留学生の支援機関コーディネーター資格ファイナンシャルプランナー資格通信制高校の上手な選び方高校中退 その後の選択公立通信制高校に進学 

スポンサーサイト



テーマ : ひとりごと
ジャンル : アフィリエイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

itijinnokaze

Author:itijinnokaze
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード