FC2ブログ

就職内定率の実際(補正後)

「就職内定率の謎」の続きです。

文科省が調査を始めた10月1日時点の就職希望者は42.8万人でした。
そして就職希望者の数は、12月1日時点41.7万人、 2月1日時点40万5千人、
4月1日時点で37.5万人 で推移しました。  
実に10月時点よりも4月時点は 5.3万人も就職希望者が減少しています。
この間の内定者の増加は 5.6万人で拮抗しています。

これが卒業間際に就職内定率が上昇する具体的な要因です。
しかも、10月時点では、第一志望にしていた企業の募集が終了しているケースが
多いので、既に就職戦線を離脱した学生が相当数いるはずです。

現在就職活動をしている来年の卒業生について、
某コンサルテイング会社の定点調査によると、就職活動量は2010年の2月~3月に
すでにピークを迎え、内内定を受けた時期は4月に集中しているとしています。
この間の学生1人当たりの平均エントリー社数は84.2社。
5月までに内内定を受けた学生の割合は7割に達しているということです。

つまり、10月1日の学生たちの就活状況は、第1ステージないし第2ステージが既に
終了してる時期にあたります。
この時点では、就職を断念し、別の進路を模索してる人たちが多数存在している
ものと推測します。
文科省が就職希望者を最初に調査する10月1日時点では遅きに失し、実態を反映して
いないということが分かります。

最初の調査は、5月頃にすべきでしょうといいたくなりますね。

ここで、明らかにされている数字は10月1日時点の就職希望者数しかないので、
この数字を固定して内定率を補正してみます。

【補正後の就職内定率】
10月1日時点 62.6% 12月1日時点 70.5% 2月1日 75.7% 4月1日 80.3%

となりました。実態に近づいてきましたね。
でも実態はさらに悪いということを知ってください。

雇用情勢がかつてないほどの厳しさが増すなかで、
少子化問題に苦悩してきたガッコーから高笑いが聞こえてきそうです。

高校生の進学率はあがるし
大学院の進学率もあがるし
留年も増えるし
大学出たのに資格取得で専門学校へいくひとも増えるし~

こんなことを言ったらクレームがきそうですね。
では、次回

                   itijinnokaze
heder7.jpeg
【資格関連情報】
インテリアコーディネーター資格 ファイナンシャルプランナー資格 アロマセラピー検定試験  
通信制高校の特色 高卒認定合格の難易度 文部科学省 不登校とフリースクール 
ケータイサイト
サポート校 インテリアプランナー資格
通信制高校単位制のメリット 高認試験必須項目 
スポンサーサイト



テーマ : ひとりごと
ジャンル : アフィリエイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

itijinnokaze

Author:itijinnokaze
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード