FC2ブログ

高卒認定ってどう?

高卒認定って知ってますか?

正式名称は高等学校卒業程度認定試験。
知らない人も大検なら知ってるよっていう人は多いでしょう。
5年前に大検から高卒認定に変わりました。
不登校やら経済的理由で高校に行けなかったり、行っても高校中退しちゃった人たちが
大学や専門学校へ進学する際の救済策のひとつです。

なんといっても、高校中退する若者が毎年7万人くらいいるというから驚きです。
せっかく高校に進学したのに、これだけの若者たちが高校生活に失望して中退していく
事態は深刻な問題です。
学校自体に問題があることも確かですが、大量に溢れる情報のなかで学歴軽視の情報ば
かり集めることにも問題がありそうです。

日本の社会は学歴社会から実力社会に変わったといわれますが、確かにそういう傾向に
あることは否定しません。
民間企業では、どこどこ大学の出身だから出世していくという構図は少なくなりました。
だから、学歴から実力の社会へという表現は確かにその通りだと思います。
でも、この点の解釈を間違えると大変です。

初めて社会に出る際の企業の採用条件は、学歴尊重が歴然としています。
大卒以上を採用条件にしている企業も多く、少なくとも高卒以上としているところが大
半です。
採用条件に学歴不問としている場合は、既にその道で働いてきた人たちを対象にし、面
接を通してキャリアを測定できる見込みがあるからです。
初めて社会に出る人たちは、当然キャリアなんてありません。その人たちがどのくらい
のポテンシャルをもっているのかなんて分かりません。入社試験時に行われるペーパー
テストの成績なんて、企業側も絶対の信頼を置いていません。
1回程度のペーパーテストで、その人の能力が分かるなんて誰も思っていないんです。

だから、判断要素のひとつとして、大卒か高卒かはやはり大事なことなんです。
まして、高校進学が100%近い現在において、高卒は当たり前、義務教育みたいなものと
思っている人が多いんです。中卒を想定していません。

学歴不問とする企業が多くなっているのは事実ということ、でも、新社会人として企業
に採用されるには高卒資格は重要なファクターであることを肝に銘じたほうがいいよう
です。
高認は、経済的理由により高校に行けなかったり不登校で中退した人たちへの救済手段
としての側面を持っています。
救済手段としての高認は、学歴としてどの程度通用するんでしょうか?

  続きは次回・・・
                            itijinnokaze

不登校:原因と対応対策         不登校:高卒認定と中卒認定
不登校の原因:小児慢性疲労症候群    不登校の原因:Q熱
                            heder7.jpeg

スポンサーサイト



テーマ : ひとりごと
ジャンル : アフィリエイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

itijinnokaze

Author:itijinnokaze
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード