FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

弁護士の年収 その4

弁護士の収入その3の続きです。

知人は、奥さんの強い要望のもとに、検事の職をあっさり捨ててしまいました。
そして、弁護士事務所開業に向けて、精力的に不動産屋さんを巡って賃貸の事務所を探
し求めたそうです。

検事といっても、所詮サラリーマンですから、独立して自分でやっていくのとは大きく
違いますね。
サラリーマンは、なんだかんだいっても、そこに所属していれば給与がもらえる。
仕事ができてもできなくても、給与面で大きな差がつかない場合が多いです。

少し前に成果主義が流行ったけれど、成果主義の導入に失敗した企業が多かったですね。
会社の人間関係がギスギスして、思ったような成果がでなかったという理由で。
本当のところは、成果主義の人事制度に欠陥があったわけではないと思います。
リストラや降格させるために成果主義を導入した企業の存在や
もともと成果主義の理解度が低く運用に失敗した企業が多かったから、人間関係がギス
ギスしたり、生産性がさがったりしたんだと思いますよ。

所詮、給与制度の本質は、いかにして安い給料で社員に納得させ、いかにして一生懸命社
員に働いてもらうか、その仕組みのことです。そうしないと会社として利益がでませんか
らね。
とくに、経済のグローバル化が進んでしまっている昨今、同等の商品であれば、人件費の
安い国がコスト競争に勝つのがあたりまえになっています。
中国や台湾、韓国、インドなどなど、商品によってはまったく遜色ない。
そんな商品なら、安い商品が売れるのは当然です。
だから、企業は、より安い給料で一生懸命働く仕組み作りに頭を抱えることになる。

今後の日本のサラリーマンの給与はほんの一部の高給とりと、大半の低賃金労働者で
構成されていくんだろうな、と管理人は考えているので、知人から、独立して弁護士事務
所をやる決意をきいたときは、少しの憧れと期待感がありましたね。
自分で商売をやるタイプには見えませんでしたが、知人の場合は、なんといっても、最難
関の業務独占型法律資格をもっていることだし、仕事としては、検事も弁護士も同じよう
なものだから。

自分の経験とダブらせながら、こんなようなサラリーマンの状況の話と知人への励ましの
ことばをかけて、電話の受話器を置いたのを覚えています。


もう、知人と会わなくなって、何年経つんだろうか。随分とあっていない。
ホントに稀ですが、そんな思いが頭をよぎります。

開業するといってから、当初は数回、電話で話ししたけれど、それっきり。
最近は、電話で話すこともない。
うまくやっているんだろうか。
事業を起こすと、軌道にのるまでたいへんなんだろうな。

などと断片的なことばが浮かびます。


久しぶりの知人からの電話です。

内容は、

「離婚した・・」

 離婚したぁ!?? どうして??? 

「弁護士として独立してから1年半近く経つんですよ、

その間の収入が130万に届かなかった・・

貯金も使い果たしました・・・」


冒頭にも書きましたが、弁護士といっても高収入のひともいれば、もうかっていない人も
います。
ピンからキリです。
ただ、知人の場合は、キリのキリだと思いますが。
この資格だから、独立しても大丈夫だという資格はありませんね。プラスαが必要です。
女性はドライですね。
金の切れ目が縁の切れ目とは、昔の人はうまいことをいいました。
知人の場合は、当初からお金はなかったのですが、代わりに華々しい未来がありました・・・

・・・・知人は、いま国選弁護人で凌いでいます。
                                itijinnokaze
                         heder7.jpeg
コーディネーター資格・求人の展望  アロマ資格 カラーコーディネーター資格 インテリア資格 プランナー資格・求人の展望> ウェディングプランナー資格 ファイナンシャルプランナー資格
スポンサーサイト

テーマ : ひとりごと
ジャンル : アフィリエイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

itijinnokaze

Author:itijinnokaze
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。