FC2ブログ

弁護士の年収 その3

弁護士の収入 その2の続きです。

2度目の結婚ということで、披露宴らしいことは行わず、身内だけで慎ましく結婚式を
あげたということを結婚後に知らされました。
日常生活に必要な商品をピックアップして、セットにして結婚祝いの贈り物にしたこと
を覚えています。

地方都市での検事の仕事も忙しいようで、光陰矢のごとし、またたく間に半年の歳月が
過ぎて行きました。
時折、電話口で聞く内容から、結婚生活も仕事も順調そうであることが伺えました。
知人が地方都市に転勤してから既に2年近くが経とうとしていますが、その間、一度も
再会することはありませんでした。
したがって、2度目の奥さんとも顔を合わせることはありませんでした。
大概は、思いだしたかのように掛かってくる知人の電話で、お互いの近況を知るという
ことが、いつしか定番のような状況になっていました。

そうしたある日に、掛かってきた電話の内容は意外なものでした。

検事を辞めて弁護士開業という道を選択をすることにしたという内容でした。
理由は、検事の収入が少ないので、弁護士に転身してほしいという奥さんからの強い
要望に応えるため、と少し照れ気味に話していました。
なんでも、検事の収入というのは交番勤務のお巡りさんより低いらしいです。
基本給は検事のほうが高いのですが、管理職なので夜勤手当や残業手当がつかず、
それらの手当を含めた収入は、警察官のほうが高いということでした。
彼が警察官のどのクラスの人と比較しているのかは知りませんが、法務キャリアで
ある検事の資格を捨てる覚悟であることを知りました。

知人は、旧司法試験制度の司法試験合格者です。
合格率3%ほどの超難関試験を合格して、司法修習を経て、検察官に任命されたわけ
ですから、もったいないといえばもったいない。
いまは、法曹養成制度改革の途上にあるので、移行期間終了後は旧司法試験が廃止され
、法科大学院を修了していない人は予備試験で新司法試験の受験資格を得なければなり
ませんね。
予備試験を受けて受験資格をとる人もたいへんですけど、大学の学士の資格をとってか
ら法科大学院へ進む人もたいへんです。2年~3年の課程を修了して受験資格を得なけ
ればなりません。
裕福な子弟でないと受験資格を手にいれることは難しくなりそうです。
法科大学院の学費は年間100万円~300万円ほどかかりますから。
新司法試験制度であれば、パンの耳をかじりながら司法試験に挑んでいた知人は挑戦
できませんでしたね。お金がなくて・・・

少し、はなしがそれましたが、給与が安いという理由で、奥さんの強い希望もあって、
知人は検事の資格、法務キャリアの資格、国家公務員の資格、みんな捨てました。

検事総長なら年収3000万円、検事長なら2000万円、昇進していくごとに高給
になっていくことは、間違いないのですが、知人は待てなかったようです。
否、奥さんが・・・
検事になりたての頃の給与が高く設定されていないのは当然ですよね。
最初から高かったら、国民が納得しません。税金の使い道ですから。
奥さんには、検事の妻としての豊かな生活イメージがあったのでしょうね。
こんな筈じゃなかった・・・多分、奥さんはそうした思いが膨らんでいったんだと
思います。
テレビドラマに出てくる検事もカッコよくイキテイル役柄が多い。
社会的地位も高く、権力もあり、お付き合いする人たちも、そうした社会的地位の
高い人たちばかり。派手ではなくとも生活は豊かな上流社会。
そして、自分はその奥様。
そうした検事の妻にあこがれていたんでしょうね、きっと・・・・
                                  続きは次回
                                 Itijinnokaze
                   heder7.jpeg
  インテリアコーディネーター資格・求人の展望  インテリアコーディネーター求人の状況
  ブライダルコーディネーター資格・求人の展望  アロマ:求人の状況 
スポンサーサイト



テーマ : ひとりごと
ジャンル : アフィリエイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

itijinnokaze

Author:itijinnokaze
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード