FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

弁護士の年収 その2

弁護士の年収の続きです。

検事になってから知りあった女性とまたたく間にゴールインした知人の口癖は、
「結婚は、博打のようなものですよ。
考えすぎたら結婚できません。
結婚して、その人とやっていけないと思ったら、別れりゃいいんですよ。
深く考えないことにしています。」
博打のようなものという結婚観が、法律家である真面目な知人の口から出たことの意外性に
少々驚いたことを今でも覚えてています。
奥さんになる人と一度だけ会ったことがありますが、口数の少ない物静かな
やさしい感じのする女性でしたね。
知人には、向いている女性なのかも知れないなと思いながら、
結婚は博打のようなもの、という知人のことばをを思い出しました。

いずれにしても彼の前途は洋々たるものでした。

その筈でした・・・

時折、電話口で検事の仕事ぶりを聞き、なまなましい事件のはなしが話題に
あがったりして、興味深く聞き入ったものです。
もちろん、事件を特定できるような情報は出ませんでしたけどね。

結婚して、1年半ほど経ったころに知人からいつもと違う電話がありました。
地方都市に転勤することが決まったという知らせでした。
仕事は相変わらず忙しいようで、転勤前の再会は実現できませんでした。
転勤してからは、電話で話す機会もめっきり減り、10ケ月ほどが経ちました。

久しぶりに知人からの電話です。
電話は、離婚するという内容。
理由を言いませんでしたし、聞きませんでした。
が、奥さんからの要望らしいことは分かりました。
再び、結婚は博打のようなもの、という彼の人生観が頭をよぎりました。
なんでも、慰謝料とかの話もなく、財産分与といえるほどの財産もないので、
即、離婚するということでした。
そして、本当に即、離婚してしまいました。
知りあってから間もないうちに結婚し、結婚生活も短いものでした。

傷心の知人を思い浮かべながら、様子伺いの電話をかけてみました。
離婚して3ケ月、傷ついているのではないかと案じながら。
電話からはそうした様子は伺えませんでした。
むしろ、力強い口調で、くよくよしていても仕方ないので、
これからお見合いでもしてみることにした、ということでした。
エっ、お見合い!と思わず声が出てしまいましたが、立ち直りが早いことに
感心するとともに安心しました。

2ケ月後、電話にでた管理人の耳元に、知人の弾む声が聞こえました。
なんでも、結婚が決まったとか。
お見合い2回目に会った人と意気投合し、即日結婚を決めたとか。
相手は初婚。
けっこう若い。

結婚は博打のようなもの、というだけあって、さすがに決断が速い。
検事という職業も、女性からもてること、このうえないですね。
バツイチでも、次から次と、お見合いのはなしがくるそうです。
うらやましい限りです。

こうして知人は、2度目の結婚をすることになりました・・・
                               続きは次回
                                itijinnokaze
                       heder7.jpeg
   コーディネーター資格・求人の展望    プランナー資格・求人の展望
スポンサーサイト

テーマ : ひとりごと
ジャンル : アフィリエイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

itijinnokaze

Author:itijinnokaze
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。