FC2ブログ

大学全入時代 大学が消える・・

電車に乗ると、目に映るのは大学の広告と旅の広告、
それから行政書士法人や弁護士法人の広告ばかりが目につきますね。
ついこのあいだまで、盛んに広告していた消費者金融は、潮が引く
ように消えてなくなりました。武富士さんもアコムさんもたいへんみたいです

学士の資格は軽くなる、の続きです。
 
少子化の影響を受けて大学経営は深刻ですね。
定員割れのニュースがときおり報じられます。今年の私立短大は7割近く
私立大学の半分近くが定員割れの状況です。

定員割れになれば、当然のことながら大学経営がダメージを受けますが、
もっと恐ろしいのは文科省の補助金のカットです。
学部・学科の定員充足率が50%以下なら補助金の対象外、51%~59%
なら減額、年を追うごとに減額率が増えるようです。
補助金の額は2000億円を超える金額ですから、補助金のカットは死活問題です。

定員割れによる学費収入の減少と補助金カットが負のスパイラルのように大学を
襲います。
倒産してもおかしくない大学もけっこうあるようですし、身売り話や吸収合併も
水面下では動きがあるようです。
1990年代600を超えていた短大数は、一昨年には437校に激減ですし、
今年、来年度以降の学生募集をやめて廃校を決めた私立大学が5校あります。
でも、廃校を決めて学生募集をやめる大学は、まだ余力のあるところです。
もう大学倒産も身近な問題になりつつありますね。

大学で働く人たちの中には、将来に不安を感じながら働いている人たちも多いん
じゃないでしょうか。
もちろん、学生も困ります。卒業生も困ります。
卒業後も、成績証明書や卒業証明書の提出を求められるケースもたまにありますよ。
そのときに、母校の大学が消えているとしたら、きっと不利益を被ることになりますね。
証明書を提出できない理由に、「大学が潰れたから」なんて書いたら、
”そんな大学の出身者か”なんて馬鹿にされそうですね。
証明書の提出を求められるケースは少ないですが、履歴書を提出するケースは
多いです。
大学が潰れて月日が経つと、もう世間の記憶の彼方です。そんな大学が存在した
ことさえ疑われることになるでしょう。

できれば、潰れそうな大学には入りたくないと考えるのが普通です。
いまや、益々、学士の資格が軽くなる大学全入時代の入り口ですから。
高い入学金と授業料を納める前に、そうした情報を受験生と父兄に提供する必要性
があるのは当然のことです。
なんてったって、大学は公共の機関だし、文科省の補助金は税金です。

で、ここで不思議な事実に気が付きます。

定員割れの大学が4割を超えた、短大が69%に達したなんてマクロの数字は
公表されますが、定員割れした大学名が公表されない。
一番知りたい大学名がみつからないんです。
どこ探しても、オープンになっている情報はありません。過去にスッパ抜かれた
記事や特集はありますが、基本的にありません。廃校になった大学や募集停止を
決めた大学の情報は公表されますが、いずれも事後報告です。

公表すると倒産する大学が確実に増えるから公表しないのだと思いますが、
受験生である学生の利益を優先するべきだと思います。
補助金という人参を持っている文科省の力は絶大です。文科省は、この点については、
大学が公共の機関であるということを忘れているようです・・・

来年の日本に、明るい兆しがみえることを祈りつつ
                                 では、来年
                     heder7.jpeg
コーディネーター資格  インテリアコーディネーター プランナー資格  ファイナンシャルプランナー ウエディングプランナー

スポンサーサイト



テーマ : ひとりごと
ジャンル : アフィリエイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

箱根駅伝視聴率27%

タイトル変えました

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

itijinnokaze

Author:itijinnokaze
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード