FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どうなる公認心理師国家資格

現在進行中の臨時国会で心理職の国家資格化法案が審議されている。

心理職の資格関連諸団体の思惑の違いによって法案がまとまらなかった経緯を乗り越えて、2011年10月の「統一見解」をもとに今回の法案がまとまった。
一方、
法案上程前、あれほど国家資格化に関連するコンテンツで溢れていた資格認定諸団体のホームページは、法案上程以降、不思議なことにピタッと口裏を合わせたようにコンテンツが消えた。
ごく一部のホームページを除いて、国家資格化に関わる情報は発信されなくなってしまった。

有資格者およびこれから資格取得を検討している人が知りたいことは、
現在保有している心理士資格や受験を目指している資格が、公認心理師国家資格とどのような位置づけになるのかということである。

国家資格が創設されても、当該民間資格は存続するのかどうか?
現存する民間資格は、国家試験の受験資格に該当するのかどうか?
公認心理師資格は、現存する民間資格の上位資格という位置づけか?
国家試験に合格しないと心理職の仕事に就けなくなるおそれはないか?
今の名刺の肩書(心理士・カウンセラーなど)が使えなくなる可能性は?等々。

資格認定関連団体のホームページをみると
不思議なことに、このような素朴な疑問に応えているホームページは見当たらない。
というか、公認心理師に関わる項目が一切ないところが大半である。

一様にいえるのは、各資格認定団体が以前にも益して、
当該団体資格が如何に優れた資格であるかというPRに終始し、その資格取得を勧めている。
このことから、国家資格が創設されたからといって、民間資格を廃止する動きは現時点では皆無のようである。
民間資格と国家資格が併存する状況が続くことになりそうである。

今回の国家資格化は
名称独占型の資格であって、業務独占型資格を内容とするものではない。
国家資格化が実現されても、国家資格・民間資格の有無を問わず、従来通り誰でも心理職の職に就くことができる。
だから、名称独占の場合、その名称を何にするかが最も重要である。
審議中なので確定したものではないが、「公認心理師」という名称で決まる可能性が高い。
従って、「公認心理師」および「○○心理師」という名称の使用は禁じられるが
その他の名称である「心理士」「○○心理士」「カウンセラー」「サイコセラピスト」「心理相談員」他の名称は従来通り使用することができる。
これは、既存の名称で活躍している人たちに配慮して、現在使われていないであろうと考えられる「師」という表現にしたものである。
加えて医療現場で活躍することを想定して、「医師」「薬剤師」「看護師」の名称を十分意識して命名したものと考えられる。
一方、資格認定団体からの情報提供はないが、
今年8月に開催された日本心理臨床学会秋季大会、資格関連委員会企画シンポジウムにおける「心理職の国家資格化の経緯と今後の課題」(講演者 加藤勝信内閣官房副長官)によると、
国家資格は一種のプラットホームになる資格であって、その上に専門性の高い民間資格を載せていただく形を想定しているようである。
例えば、医師という国家資格がベースにあり、民間資格である学会が認定する学会認定医、学会専門医制度のようなイメージである。
もっとも、医師の世界にも今年5月に「日本専門医機構」なるものが発足して、更なる質の担保を図ろうとする動きも見られるが。

確かに、このように捉えると立派に国家資格と民間資格が共存しえる関係となる。
公認心理師と民間心理職資格との理想的な方向性である。
しかし、医師は業務独占型の資格であり名称独占型資格とは内容が大きく異なる。
加えて専門医等の民間資格取得の前提要件は、ベースとなる国家資格保持者である。
これに対して、現在の民間資格である各種心理士資格の受験要件を、
国家資格「公認心理士」を取得したものに限るとすることは大方できないであろう。
学校経営の問題や資格事業が大きな収入源となっている団体にとって、受験者の激減は死活問題である。

こうした違いから、専門医制度のイメージ通りに構築されていくかどうかは、甚だ疑問である。

ちなみに、二人の女性閣僚が辞任に追い込まれ、臨時国会は波乱含みである。
時間切れで再び継続審議となる恐れもないわけではない。

                           itijinnokaze
                                             heder7.jpeg

おすすめサイト
公認心理師 国家資格化と受験資格
メンタルケア心理士・心理専門士 受験資格と合格率
日本心理臨床学会 資格関連委員会企画シンポジウム
ファイナンシャルプランナー資格 求人の状況
産業カウンセラー 受験資格と合格率
インテリアコーディネーター資格 求人の展望










スポンサーサイト
プロフィール

itijinnokaze

Author:itijinnokaze
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。