FC2ブログ

心理資格 国家資格への遠い道のり(3)

■内なる葛藤
これまで、心理学関連学会・団体以外の立場にいる組織による心理職の国家資格化に対する考えや動きを紹介してきたが、国家資格化を遮る内なる葛藤も吟味する必要がある。
心理資格の国家資格化( )は関連学会・団体の悲願であるが、その利害は必ずしも一致しない。
受験資格ひとつを取っても、教育機関の死活問題につながる恐れがあるからである。
創設する心理職国家試験受験資格に制限を設けないとして門戸を広げれば、心理学関連の高等教育機関への進学率は減少するはずである。
代わって、通信講座や予備校的な養成施設は活況を呈することになる。

大学卒業資格を受験資格とすれば、現在大学院修士を条件にして資格を認定しているところの大学院への進学率は激減するかも知れない。
大学院修士を受験資格とすれば、受験者の負担が過大となって初めから心理学が敬遠されるおそれがある。

そもそも、国家資格のあり方によっては、学会認定資格の存在意義さえ失うおそれもある。
既に社会に認知され浸透している学会認定資格もあれば、そうでないものもある。
認知されるに至るまでは、相応の努力と実績を積み上げた結果であるから、これらのプロセスを一切評価しないとすれば、到底容認できない教育機関も出てくるのは必然である。反対に喜ぶ教育機関の存在も否めない。

心理職の国家資格化を願う当事者らの立ち位置が異なることが、国家資格化への道のりが遠くなる要因である。
別の見方をすれば、国家資格化が早期に実現しなかったから、長い歳月を通して、心理学にかかわる分野が細分化されて立ち位置が異なる状況が生まれてきたともいえる。

しかし、紆余曲折とした国家資格化への道のりも、2011年10月に公表された「心理師(仮称)国家資格制度への要望書」は、3団体が二資格一法案から一資格一法案への要望として、ようやく合意に至ったものである。

これに対しても一部の関連団体から反発の声があがったが、これを押し切る形で統一要望として公表され、2012年10月時点においてもこの方針に変更がない。
民主党が大敗したので国家資格化を推進してきた議員の数が相当減少したかも知れないという懸念材料はあるが、おそらく、来年の国会審議で心理職の国家資格化法案が上程されることと思う。

■国家資格の中身
資格の中身については、まだ流動的であるが、国家資格としての実現の可能性は高い。

現在、進められている国家資格化の内容は名称独占資格である。
医療関連資格が業務独占型であるのと比べるとその資格の持つ効力は小さいと言わざるを得ない。

国家資格取得者でなければ、その名称を使用してはならないとするものである。
これは、今まで、「心理カウンセラー」を名のっていたひとは、その名称または類似名称が国家資格にならなければ、従来通り名刺の肩書きに「心理カウンセラー」使えるわけだから、国家資格者以外の心理職に与える影響は軽微である。

一方、名称独占資格の法的な効力が上記の範囲であっても、社会における実際の効力は資格名称が社会でどのように使われるかで、大きく異なってくるものである。

心理資格についての知識のない人が、国家資格名称が唯一の心理関係の資格だと思い込むひとも多いことが予想されるし、
心理資格者を採用しようとする企業や施設が、応募資格に国家資格名を多用するようになれば、
心理士の資格といえば、国家資格名を指すと社会で広く認知されるようになる。
こうなったときの名称独占の効力は絶大であるといえる。

一方、別のパターンとして、
例えば、名称独占型の国家資格であるファイナンシャルプランニング技能士よりもファイナンシャルプランナー資格の一般名称のほうが広く社会に認知されているケースもあるので、国家資格名だから優位に立つとは一概にいえないケースもある。

━ 今年も残り僅か
  2013年が良い年でありますように ━
itijinnokaze
heder7.jpeg
おすすめリンク
心理職者に国家資格を(心理三3団体)不倫心理不登校 カウンセリングによる対応医薬品登録販売者 合格率福祉住環境コーディネーター高校中退ウエディングプランナー市場性と求人の状況フードコーディネーター資格産業カウンセラー 受験資格アロマ資格
スポンサーサイト



テーマ : ひとりごと
ジャンル : アフィリエイト

心理資格 国家資格への遠い道のり(2)

■臨床心理士・医療心理師国家資格化の問題点
2005年に策定された超党派国会議員らによる「臨床心理士および医療心理師法案要綱骨子」は、他の国家資格の領域と重複する部分が生じることと、それに対する調整が欠落していたために反対意見に押し切られる形で法案上程には至らなかった。
中でも日本精神神経診療所協会の見解は、心理職国家資格化の問題点が論点整理されていて興味深い。

・心と心理の違いはなにか?
・心理学的行為と医行為の関係と違いは何か?
・医学的知識を持たずに心理療法を行うことに危うさはないのか?
・多くの学派による異なる論理と実践体系を持つ心理学的行為の外延を明らかにすることが
 できるのか?
・医学・医療分野の知識の必要性が問われないまま、
 医師の指示だけで保健・医療分野で業務を行うことに危険性はないのか?
・認知・行動療法などの例外を除いて、健康に対する有益性有害性の科学的なエビデンスは
 十分用意されているのか。
・臨床心理学だけで、うつ病、境界性人格障害、甲状腺機能低下症等のうつ状態を峻別
 できるのか?
・心理学的な問題が疾病によるものかどうかの判断は医行為であるから、
 この判断なしで行われる 心理学的援助に危険性はないのか?
・他領域の国家資格者との業務分担についての合意形成はされたのか?
・以上のように心理学的行為の外延が曖昧なまま、国家が資格を持って質を担保することが
 できるのか?

等の視点から見解を加えている。(詳しくは こちらのサイト) 


■外部が求める国家資格
その後も心理学関連学会や団体は、2資格1法案として、
日本臨床心理士資格認定協会が認定する「臨床心理士」と医療領域に従事する臨床心理
技術者の国家資格化推進団体「医療心理師の国家資格化推進協議会」が掲げた「医療心理士」の2資格の
国家資格化を推進していくことになるが、
この動きを承知のうえで、
日本学術会議が「医療領域に従事する『職能心理士(医療心理)』の国家資格法制の
確立を」と題する提言を2008年に発表することになる。
日本学術会議は、医療領域に従事する心理職のみの国家資格化を提言したのである。

振り返れば、平成2年の厚生省の心理技術者資格制度検討会も、医療領域に従事する心理技術者の国家資格の必要性を唱えたものであり、臨床心理技術者の資格のあり方に関する研究(平成11年~13年)も、医療・保健施設に関わる範囲に限定して、医療保健心理士として実現を求めたものである。
医療側から唱えられる心理職の国家資格化の必要性も、医療領域に限定されるものである。

これらは既に医療現場で活動している心理技術者を国家資格者として追認する意味合いが大きいものと思われる。
実際にチーム医療に参加しているのに、心理技術者の行為自体は、診療報酬の対象とならず、おのずと処遇面で不利な扱いを余儀なくされるからである。

この日本学術会議の提言の前に学術会議の心理学分科会の対外報告に対して、
すかさず、日本臨床心理士会会長から日本学術会議会長宛に今までの経緯を無視したものであり容認できない、とする文書による苦言が呈されている。
その後、
心理学会 団体らは、2資格一法案の上程が困難であることから、
国家資格化を推進する3団体(臨床心理職国家資格推進連絡協議会、医療心理師国家資格制度推進協議会、日本心理学諸学会連合)は、一資格(心理師・仮称)一法案へと舵を切ることになる。
 
続きは次回          itijinnokaze 
heder7.jpeg

おすすめリンク
心理職者に国家資格を(心理三3団体) 
日本学術会議提言 職能心理士の国家資格の確立を  
心理資格 国家資格と受験資格 
不倫とストレス 
精神保健福祉士 受験資格 
高卒認定資格 履歴書の書き方
カウンセラーの選び方 

テーマ : ひとりごと
ジャンル : アフィリエイト

プロフィール

itijinnokaze

Author:itijinnokaze
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード