FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

薬学教育6年制 建前と本音

薬剤師 冬の時代が目前に の続きです。

薬剤師団体は昔から3師会のひとつに数えられ、薬剤師は医師、歯科医師とともに
肩を並べていました。しかしながら、社会におけるポジションや職場におけるポジション
は医師らと比べ相対的に低いという実態があります。

医療資格者の集合体である病院を例にとれば一目瞭然です。
実際の臨床現場においては薬剤師が夜勤することは殆どないし、オペに立ち会うこ
ともありません。
チーム医療が叫ばれているといっても、薬剤師の役割は限られていますよね。
医師やコメディカルの共同作業とは質が異なる気がします。まして、医薬分業が
推進されて、病院の中からかつてのメインの業務が切り離されたわけですからポジ
ションの低下は尚更ですね。

病院経営からみれば、クスリを扱うことが病院の収益に貢献しないという仕組みに
制度を変えられ、病院は調剤業務を手放さざるを得ない状況になりました。
薬歴管理を一元化し、重複投与や誤投与を防ぐために病院や診療所から調剤業務を
切り離すことが患者の安全に資するとして医薬分業が推進されました。

もちろん、建前ですね。
クスリが医療機関の儲けに繋がる仕組みというのは、医療費の抑制に歯止めがかか
らないという理由が大きいからです。
こうして、かつて病院のドル箱であった薬価差益と薬剤報酬の喪失は、病院経営に
大きなダメージを与えました。

今や、病院の周りには門前薬局がひしめき合っています。
病院経営への貢献度が落ちた薬剤師らは人員削減の対象とされました。
こうした背景のもとに、三師会の一翼を担う薬剤師として対等なポジションを願う
長老達にとって、益々、相対的なポジションの低下を余儀なくされるという危機感
を強めていきました
これを打開するためには、医療に貢献し得る高度な薬剤師の育成が急務であると考
えるようになりました。先ず、三師会の一員として同格に扱われるためには薬学教
育6年制は必須要件である。
他の三師会の一翼を担う医師や歯科医師が6年制だから、対等なポジションを得る
ために薬剤師教育も6年制にすべきという考えがあります。
勿論、6年制に反対する個人やグループも当然多く存在していたというのも事実です。
元々、女性が多くて、ひとつの花嫁道具と考えて薬学部に入学する学生が多かったと
いう歴史がありますので、6年制にすることで入学志願者の激減を恐れていました。

折しも、規制緩和と相まって、薬学部は儲かると見込んだ学校法人があちらこちらで
手を挙げて、薬学部の乱立という状況を招きました。
8000人から14000人程度の入学定員枠の拡大により、就職困難な学生が激増
するという必然の見通しも、「学生が一層切磋琢磨し、質が上がる」という声に押し
切られて、6年制の幕が開きました。

どうでしょう?

今や、薬学部は定員割れ大学・学部の代表格です。
            
続きは次回
                          itijinnokaze

インテリアコーディネーター 求人の状況
ファイナンシャルプランナー資格・求人の展望
高卒認定と中卒認定
カウンセラーの選び方
                       heder7.jpeg
スポンサーサイト

テーマ : ひとりごと
ジャンル : アフィリエイト

プロフィール

itijinnokaze

Author:itijinnokaze
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。