FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

薬学生 冬の時代が目前に

「歯科医師の軌跡を辿る薬剤師」の続きです。

少子化の時代に突入したのにも関わらず薬学部だけは新設ラッシュでしたね。
薬学教育6年制に入る前の卒業生は年間8,000人程度でしたが、2012年の6年制の卒業生が世に輩出されるときには、14,000人が予定されています。
実に6,000人も増加する状況ですが、就職という側面からみると卒業生8,000人の時代でさえ厳しい状況でしたので、この増加が如何に恐ろしい状況を生み出すかは想像つきますよね。
薬学教育協議会が発表している薬学生の就職状況をみてみましょう。
 
主な進路       平成18年3月卒業  20年3月卒業  21年3月卒業
薬局             2279       3101       3490
医薬品販売業          550        561        576
病院診療所          1181       1507       1823 
製薬企業            681        866        886
進学             2420       2922        2678
就職せず・未定         644        509        550
その他
卒業生合計          8,369      10,109       10,693    

メインの薬局、病院・診療所、製薬企業の採用人数が拡大傾向にあり、そのトレンドが
今後も続くようにみえますが、そうはならないでしょう。
きっと。
卒業生が輩出されない分の先取りですね。
6年制の卒業生が出始めたら、本来の必要とされる人数しか採用しないでしょう。
加えて、いままで進学していた2500人ほどの学生が就職戦線に加わることになります。

平成21年卒業生は、クスリに直接関係する就職先に6,500人ほど入社できましたが、
6年制の卒業生が誕生するころには、6年制導入前の4,000人程度に戻るでしょう。
悲壮感漂う就職状況になる気がします。

で、こんな状況が予想できるのに何で新設学部の乱立を認め、
薬学教育6年制にしたんだろうと疑問に思うのは管理人だけでしょうか・・・
                    
続きは次回   
                              Itijinnokaze
heder7.jpeg
カウンセラーの選び方   不登校 原因と対応対策へのアプローチ
 資格にプラスする要素
                             
スポンサーサイト

テーマ : ひとりごと
ジャンル : アフィリエイト

歯科医の軌跡を辿る薬剤師 就職戦線今が華

歯科医師の過剰問題は、歯科医師にとって深刻な問題ですね。
どの町にも、駅の周りにはデンタルクリニックが乱立していることを昨年11月の記事で書きました。
管理人の知り合いにも、昨年の秋に歯科医師国家試験に合格した人がいます。
研修医としての研修義務が設けられましたから、自分を受け入れてくれる施設を
探さなければなりません。
歯学部を設置している大学で、自前の病院を持っているのは限られているので、
大半の国家試験をパスした若き歯科医師達は自分で受入先を探すことになります。
これが大変なことのようです。実家が開業してないと。

なにしろ、儲かっている歯科医院は少ないわけですから、とても研修医を受入れて、
給料を払いながら教育できる余裕のある施設が少ないという実態があります。
その知り合いは、いろいろなツテを辿って、やっと地方都市の開業医のところに行くことが決まりました。

やっとこさっとこという感じです。

しかも信じられないような安給料で。

研修期間が修了しても勤務医だと年収300万円とうのが常識になりつつあります。

もともと勤めづ口は少ないし、勤めても安給料だから、何とかして開業する。
そして歯科医院の乱立による過当競争、収入減というパターンに拍車がかかります。
よくテレビで儲かっている歯医者がクローズアップされることがありますが、
それはほんの一握りの人達です。
どんなに地盤沈下している業界でも一部の会社は儲かっていたりします。いわゆる勝ち組ですね。
歯科医は、銀行が融資を敬遠する職種の一つです。

で、薬剤師がこの後ろ姿を追っている状況にあることは間違いありません。

あと1年と10ケ月、2012年には薬学部が6年制に移行してから初めての卒業生が世に輩出されます。
4年制から6年制への移行期間のなかで、卒業生が輩出されず薬剤師不足という今の時期が、就職戦線売り手市場の華の時代です・・・
                 続きは次回
                           itijinnokaze
                      heder7.jpeg
コーディネーター資格・求人の展望 プランナー資格・求人の展望 
高卒認定という選択   カウンセリングによる対応

テーマ : ひとりごと
ジャンル : アフィリエイト

新入社員 その願いは時代錯誤?

新社会人として新入社員になってから1ケ月が経ちました。

企業に就職した新入社員の顔は晴れやかですね。
この厳しい就職戦線を勝ち抜いてきたのですから、嬉しさが顔に表れるのも頷け
ます。テレビのインタビューに答える話し方も、新入社員のマナーとして合格点
をあげられる人ばかりです。
4月は、ビジネスマナー研修や接客研修、販売研修やら商品研修と新人教育研修
が目白押しだったことでしょう。
新入社員の目標(将来)に関するアンケート調査によると、入社した会社に定年
まで勤務したいと希望すると答えた人が5割に達したといいます。
上司に飲みに誘われたら、大半の新人が喜んで付いて行きます、と。

無いものねだりに似てますね・・・・。

過去にそういう答えに適した時代もあったかと思います。
世界を驚嘆させた日本の高度成長の背景に、経営の3種の神器として、終身雇用、
年功序列、企業別労働組合の存在がありました。
日本の雇用制度の優位性について欧米の国々も研究したこともありました。

でも、もう崩壊してるんですよね。

日本の高度成長はとっくに終わっているし、どの企業も生き残るために必死です。
日本の高度成長を象徴していた企業も幾つも倒産したり会社更生法の適用を受け
たりしています。
百貨店や航空会社や出版社なんかは、大学生の人気就職先上位にあげられていた
時代もありました。もっとも、出版社あたりは、今でも人気があると思いますが、
それは実態をよく知らないからでしょう。
昔から存在する業界はどこでも、ほんの一握りの業績のよい企業と経営悪化に苦
しむたくさんの企業で構成されています。

業績がいいときの経営者は、心にもゆとりがありますね。
会社は社会の公器であるとか、社員のためにあるなんて、いいことを言うんです。
とくに高度成長期の多くの会社が業績が良い時代には、経営者の思考の矛先は経
営者として尊敬されたいという方向に向いていました。
だから、社員は会社に身を置いていたら、けっこう安全でした。

そうした時代は、リストラなんかしたら世間から非難の的でした。
少なくとも、一部上場の会社はそういうことはしませんでしたね。
このタガを完全に外したのは小泉内閣の時代でしたね。
今は、業績が悪化したら、とたんになりふり構わぬ経営者が続出です。
もともと人格者でもないのに人格者を演じていた経営者が多かったから、あっと
いうまに豹変したというよりは本性が出たという感じですね。
管理人の体験でも、自分自身を神に近い存在だと思い込んだ経営者を過去に二人
知っています。
人格者で経営戦略に長けている経営者は数少ないと思います。
今や、リストラしたって、会社は世間からも非難されないように、日本の社会
も変貌しています。
企業のリストラって陰湿ですよ。
労働基準法上、正当な理由なくして正社員を解雇できませんからね。
あの手この手でネチネチと社員を追い込んでいきます。
追い込む担当者は、生き残る社員たち。
担当する社員だって、明日は我が身だから本当はそんなことしたくないんです。
それでも会社から命令されれば役割としてこなさなければなりません。

こうしたリストラやワークシェアリング、契約社員や派遣社員など雇用の流動化
で終身雇用は崩壊しちゃいました。
年功序列賃金は年俸制や成果給になり、労働組合は組合の組織率が低下の一途を
たどり19%となっっちゃいました。
初任給もここ10年あがってませんね。平成15年の男子大卒平均2,013百円、女子大
卒平均1,925百円 平成21年男子2,014百円 女子1,949百円。
その間は、数千円程ダウンしてます。

会社に対してロイヤリティーを持ちつつ一所懸命働いて、会社はそういう社員が
生涯困らないように福利厚生を充実させる、そういう会社は数える位に少なくな
りました。

企業に就職するのは自分のスキルアップをはかるため、
一所懸命働いて成果を出すことは、
仕事に対する達成感とか遣り甲斐を通して仕事の面白みを見いだすため。
会社のためでなく自分のために働いて、就職先で知り得た業界の人脈やノウハウ
を蓄積していくことが、いつでも転職できる状態になります。
或いは独立できるような心構えで真摯に仕事に臨むこと、けっして、定年まで勤
続することが望みなんてことを思わないほうが賢明です。
そうした覚悟を持っていないと、長い歳月を経て、会社がすべて、会社命令に絶
対服従、上司へのゴマすりは当たり前、会社の価値観がいつしか自分の価値観へ、
などなど知らず知らずのうちに従順な飼い犬のようになっちゃうかも知れません。

もちろん、興味ある資格があれば、資格を取得することも一つの手段かと思います。

頑張れ新入社員!微力ながらエールを贈ります。
                    itijinnokaze

インテリアコーディネーター資格・求人の展望 
ファイナンシャルプランナー資格・求人の展望
                            heder7.jpeg
     

テーマ : ひとりごと
ジャンル : アフィリエイト

プロフィール

itijinnokaze

Author:itijinnokaze
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。